院長のあいさつ

私は、昭和56年、横浜市立大学医学部を卒業し、茅ヶ崎徳洲会病院で内科、外科、小児科、産婦人科、救急医学などを研修し、また横浜市大病院小児科でも研修を続け、横浜市大病院内科に入局しました。その後、横浜南共済病院内科(一般内科、消化器科、呼吸器科、循環器科)、金沢文庫病院循環器科などを経て、平成3年に金沢文庫で開業しました。

病院勤務医時代に漢方医学に巡り合い、勤務医のかたわら漢方医(寺師睦宗先生、山田光胤先生)に弟子入りして徒弟的な漢方の教育を受けました。自分自身の中で漢方医の部分が内科医の部分を大きく上回った時に金沢文庫の地で開業することを決断しました。地域の開業医として開業してみて、様々な患者さんとの出会いがありました。

患者さんから学んだ多くの医学的経験は、論文や著書の形にして公表しました。何冊かの著書は一定の評価を得、母校で漢方医学の講義を行うようになり、またいくつかの大学では私の著書は漢方医学の教科書として採用して頂きました。これからも、診療と難病治療の研究を続け、患者さんに優しい、懇切丁寧な診療を続けて行く決意であります。

院長略歴

  • 医学博士
  • 横浜市立大学医学部卒業
  • 横浜市立大学医学部内科入局
  • 森クリニック開業
  • 東京大学附属病院総合内科漢方外来(2003年まで)
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター内科漢方外来(2006年まで)
  • 横浜市立大学非常勤講師(大学で学生に漢方を講義している)
  • 元(社)日本東洋医学会代議員
  • 2016年2月1日より、横浜薬科大学客員教授に就任

最近の活動

  • 月刊雑誌『漢方療法』2013年1月で、約7年間連載してきた『橘窓書影解説』の連載を終了しました。『橘窓書影』は、江戸末~明治にかけて活躍した日本最高の漢方医といわれる浅田宗伯の治療経験をまとめた本です。『橘窓書影解説』は、『橘窓書影』をわかり易く解説したものです。
  • 月刊雑誌『漢方療法』2013年2月より『名医別録解説』を連載を開始しました。『名医別録』は、古代の本草書(生薬学の教科書)です。現在は失われた書物ですが、多くの資料をもとにして、復元し解説を試みています。『名医別録』は臨床的に有用な記載が多数みられます。毎日の診療に活かしていきたいと考えています。
  • 英文の漢方医学雑誌 Journal of Kampo Medicine 2011 English Edition が2013年1月に発刊されました。この雑誌の中で、「新型インフルエンザの漢方治療」(森 由雄著)が掲載されました。
  • 2013年2月28日、横浜漢方塾が横浜駅西口で行われ、『漢方診療三十年』の講義がおこなわれました。
  • 大分漢方研究会(大分市)で2013年5月11日、午後7時、特別講演を行います。タイトルは「『傷寒論』の応用について」です。
  • 2013年9月20日午前、横浜市立大学医学部で学生に漢方医学の講義の予定です。
  • 漢方医学の教科書、仮称『図説・方剤学』の出版を2013年中に予定しています。
  • 認知症の漢方と灸併用治療の臨床研究を行っております。認知症の漢方と灸治療は良い効果が得られています。 灸治療は無料で指導しています。

メディア出演情報

  • 週間朝日『2009年5月22日号』
    「新型インフルエンザは漢方で治る」
  • 週間朝日MOOK・漢方2010『漢方養生術』
    「漢方”最新”治療リポート」
  • 週刊朝日MOOK・漢方2012『本格漢方』
    本誌にて紹介して頂きました。
  • TBS「ひるおび!」
    インフルエンザに効く漢方の紹介で麻黄湯を紹介しました。